Loading...

Bauerfeind Genutrain Performance Impression - SZOK


” 靴一足我慢すれば買える、怪我は一生残るのだから ”




(コービーはオールイエロー使ってるんですね)

パフォーマンスギアレビュー第三弾、ASO、Baneに続き今回は膝のサポーター

バウアーファインド社のゲニュトレインのインプレを書いていきます

まずBauerfeindについてはコチラ、例によってSLAM JAPAN様のリンクです

創業から85年も続く会社で、NBA選手では以下の通り数多くのプレイヤーが使用

コービー、カーメロ、オドム、アリーナス、ヤオ・ミン、カロン・バトラー、アンドレ・イグダラ

デュラント、ジェレミー・リン、T-mac、ファーマー、モー・ウイリアムス、ハーデン、ジェラルド・ウォレス

しかもこれらの選手達はバウアーファインド社とサプライヤー契約はしていないんだそうです

取引先として契約し、毎試合提供される訳では無く個人で買っているという事

意外ですよね

ということはコービーもメロも、はたまたKDまでも私のようにメジャーを足に巻きながら測定し、これサイズ合ってるかな?と聞いたりしながら注文している訳ですよ

うわー親近感沸くなあ




という事でサイズチャートは上の画像の通りです。サイジングはとても迷いました

「サポーターですから使う内に伸びてくるから小さめを買ったほうがいいんじゃないか?」とか
「キツ過ぎて履けないパターンになるかもしれない」…とか考えてしまいますからね

実際に試着出来ないとなると困りものです

私は太もも(計測箇所①)がサイズ3で脹ら脛(計測箇所②)がサイズ2で悩んでいましたが、”Mush Room”の@mitruth34さんが

「少しキツ目の着用感が良いのであれば②、丁度良い着用感が良ければ③って感じですかね。③を選んでも緩いってことはないと思いますよ!

付け加えるとすれば試合などの短時間、例えば10分のみの着用であれば②、練習など長時間の着用は③というような感じですかね!」

と教えて頂きましたので、脹ら脛合わせのサイズ②にしましたがピッタリでした

それと何故かブラックの方が値段高めです、私は倹約家なのでホワイトにしました。ケチちゃうわ

カラーリングはホワイト・ブラック、あとDope Hoopさんにレッド・グリーン・ブルー・イエローがあるそうです



(びよーん、跳び過ぎ。)

これまで何度も使っていますが思ったほど装着は狭すぎることも無く、太もも周りのヨレやズレも今のところ見当たりません、また膝裏のシワが痛いという事も無いですね

サポーターといってもガチガチに固めるというより、しっかり膝周りを抑える感じです

私は膝を曲げた際に膝蓋骨がズレて伸ばせなくなったり、鵞足炎が起きてしまい痛みでプレーを止めてしまう時があるのですがそういった事が無くなりました

もちろん膝自体は疲労しているのでサポーターを外した後は痛みがありますが、それでも ”プレー中” は痛みません

あくまでも ”付けている間” ですよ、「痛みが消えた!嘘みたい!」とまではいきません

「一足買うのを我慢して、一万円でサポーターを買えばその後の安全を多少は保証されるのだから故障に怯えながらプレーするくらいなら手に入れて安心した方がいいんじゃない?」

と身内に言われまして、正論すぎてぐぬぬ…となりました、仰る通りです。

怪我して身体のパフォーマンスが落ちてしまってはシューズレビューなんて偉そうに言えませんよね、反省します…



Performance Impression 2939482048360759068
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…