Loading...

Nike Zoom Hyper Rev 2015 Performance Review - SZOK



ハイパーレブ シリーズ第2作目となる "Zoom Hyper Rev 2015" をレビュー

こちらは2015 NBA ALL STAR GAMEを記念したカラーリングで、アッパーには開催地ニューヨークの地図のグラフィックが施されております

モデルとしてはインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージが履く予定でしたがオフの大怪我で履かれる事はありませんでした

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
所有者の身体、足の形状や運動能力等により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します

(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい)




アッパーはハイパーフューズとメッシュアッパーの二重構造

このレイヤーの色使いが特徴的で上のレイヤーはリフレクター仕様、また下のアッパーが透けて見えるのが良いですよね。iD作っとけばと後悔…

またダイナミックフライワイヤーも搭載され甲からつま先にかけてのフィット感も良い。そして軽い

Kyrie 1" が27cmで350g、これが27cmで345gという事で、とても軽量




クッショニングシステムは ”フルレングスズームエア” と紹介されていたのですが、正確には爪先と踵に長方形の ”前後ズームエア” となります

前作の全面に敷かれた贅沢なズームエアと比べると劣るかもしれませんが、これでも充分良い方かと




アウトソールは少々変わったヘリンボーンパターン、ラバーの質も粘り気がありグリップも上々

申し訳程度なアウトリガーの効果は大して感じず、ソールが軟らかいのが良い意味でも悪い意味でも特徴的




そして履き口のスリーブ、兎に角このシューズはスリーブ、スリーブスリーブスリーブ

まさに「シックリ」という表現がぴったりとハマる一足、ズボっと足入れした後に来るフィット感には感動すら覚えました

大げさな表現かもしれませんが、兎に角シックリきます

インナースリーブの甲周りのフィッティングが素晴らしい、本当に素晴らしい

そしてヒールから伸びるクリップと、内部のクッションパッド、内外の作りも良く踵のホールド感も驚くほど良い




前作 ”Hyper Rev 2014" はハイカットながら足首周りのパディングが殆ど無く、外付けヒールカウンターも無い為に踵のスカスカ感が怖いくらいでしたが

今回はローカットながらフィット感は抜群。優秀な一足

対称的に残念なのが「素材の強度」…横の負荷に対して余りにも余りにも弱すぎる

アウトソールのトラクションの良さもあるだけに、余計ストップ時のストレスがあります

左右への切り返しの際に「ブルンッ!!」となる程にひしゃげる、大袈裟な表現では無く本当にグニャリと逝きます



(前作でもこの画像が話題になりました)




一般人の私ですら靴の変形に気付くのですから、これを履いているNBA選手ってどんな足首してるのか甚だ疑問です…

あのサイズとあのスピードでユーロステップなんて踏んだ日には…シューズと足、どっちが先に壊れるやら…

本当に同じ靴なんでしょうか、未だに信じられません



 - まとめ -

本当に良い一足、こういったステータスを ”極端に振り切った” 履き心地が個人的には好きです

パフォーマンスを六角形のバロメーターにした時、フィッティングのポイントだけ突出しているようなバッシュです

一長一短、悪い部分は悪いですが良いところは飛び抜けて良いモデルかと

兎に角一度足を入れてみて下さい、足入れは窮屈ですがズボっと入ってしまえば期待を裏切らないはずです

「スーパーナチュラルパフォーマンス」という謳い文句に嘘偽りは無く、履きやすい

しかし靴としての剛性は超弱い、超貧弱、少しでも不安でしたら絶対に買うべきでは無いです

ですが正直半信半疑…いや殆ど疑いの目を持って「イロモンバッシュだろ…」と思っていた自分が恥ずかしい程です…

”履かなきゃ分からない” という事を改めて思い知り ”とりあえず履いてみる” でまた失敗しては後悔しております

ただこのハイパーレブ、一足持っておいても悪くないかと









Performance Review 9055498848610095293
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…