Loading...

Nike KD 8 EP Performance Impression - SZOK



※レビュー上げました

簡単な感想 (1st Impression) のエントリー

投稿した時には時既に遅し、旬を逃している時が多いのですが、実はネタはあるにはあり、色々と履いてはあるにはあります

毎回 ”しっかり履いてちゃんと記事書いて” とやっているので常に流行りに乗り遅れた更新になるので、先にまずはレビューの前にインプレを…

ここで余り書き過ぎてしまうと本編が薄っぺらになってしまうので短めに、主にサイジングについてと他に印象に残った点を幾つか

所有者の身体や足の形状、運動能力等により履き心地という点は個人差があり、あくまでも短い期間に履いた感想として参考程度でお願い致します



作より窮屈では無い

KDシリーズといえば ”Zoom KD V” から恒例の ”途中までアッパーと一体化しているホールカット” という仕様です。

これにより甲高泣かせなシューズとなっており、毎度毎度買おうか迷っている方は多いかと思われます。

今作も同じく特殊なホールカットなのですが、そのシュータンが始まる位置が若干変わっています。


KD V(シューレースホール 下から3~4ヶ目の間から)


KD VII(シューレースホール 下から4~5ヶ目の間から)


(KD VIII はこれらよりも爪先寄り)

そして ”KD VIII EP” はというと、シューレースホール 下から2~3ヶ目の間から がシュータンの始めとなります。

つまりアッパーとシュータンが別れる位置が前作よりも爪先寄りになり「甲周りが窮屈…」という問題は ”多少は” 緩和されているかと感じます。

それでも他のシューズと比べると上方向にアッパーが足りない感覚もあり、甲低な作りというのは否めず…。

また足幅は狭くも広くも感じませんが、EP (Engineered Performance) ラストでアッパーの素材も非常に柔らかい事を前提としてこの幅感なので、EPでは無いNike iD品ですと狭めの作りかもしれません。

それと丸紐なので甲に喰い込むかもしれません、平紐に変えると足当たりは若干優しくなるかと。

なのでサイズ選びに迷っている方は

”EPならKD V・VIIと同じサイズ感でいい…かもしれません。また、Nike iDや海外輸入品のEPでは無いモデルを選ぶ人はハーフサイズ上げてもいい…かもしれません


もちろん常套句となっていますが、所有者の身体、足の形状や運動能力等により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します。




それとNike iDにおいて色変更ができないこの部分ですが、硬いプラスティック製の素材です。

恐らく外側への負荷に耐える為に取り付けられていますが、思っていた以上に硬かったです。色は変えられないのかな…。

ちなみに軽く動いてみましたが、この「ワクワク感」は久々です。

それでは履いて細かい事が分かり次第レビューを上げる…つもりです




Performance Review 897228337193024577
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…