Loading...

Li-Ning Way Of Wade Performance Review - SZOK



ドウェイン・ウェイド シグネチャーモデル 第1作目となる "Li-Ning Way of Wade" をレビュー

昨年、中国のシューズブランド "Li-Ning(リーニン)" へと移籍し、各界を騒がせたドウェイン・ウェイドのファーストシグネチャー 通称”WOW"が遂に発売されました


印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
所有者の身体、足の形状や運動能力等により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します

(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい)



まず、ソール自体は非常に良いと思います

アウトソールのパターンは何の模様かはわかりませんが、グリップが結構効きます

ミッドソールの形状も地面に向かって広がる台形で、安定感は高いです。但しクッションは普通です

アッパーは最近じゃ珍しい方となった革、今回上質な革と噂がありましたが大して凄くは無いですよね

これが蒸れます。通気孔らしい穴はありますが、効果は極僅かかと…

ウィズは ”若干狭い” や ”ナイキより少し大き目” と色々意見を聞きましたが

個人的には少々広めな感じで、マイサイズでも特に窮屈に感じることはありませんでした

同じ中国ブランドのPEAKは小さめだったので、リーニンは意外と広くて驚きました

シューレースはレブロン10並の太紐、これもほどけちゃってほどけちゃって…

それとトゥ部にある「W」は飾りですね、特に効果無し

またホールド感は緩いです、特に足首部分が

コービーやローズモデルのような硬いヒールカウンターは無いので、プレー中は常に不安でした


殆どローカットシューズと言って良いと思います。踵の掴みは緩く、固定感は期待外れです

このサポート感でプレーしているウェイドは相当凄いと思います…怪我しないといいですけど…


- 追記 -

ちなみに製品の作りですが、縫製のクオリティは低いです…

エッジも袋縫いなのか折り込みで縫っているのか分からなく、特にシューレースホール周りは少々雑かなーと(個体差はあるでしょうけど)

またリーニンロゴとWADEロゴもプリントで、擦れたら簡単に取れそうで心配です

ちなみにピークにも同じ事が言えて、ロゴの貼り付けが弱すぎるのです…

こういった細かい部分でのクオリティは低いのは否めないです



- まとめ -

グリップ良好、クッション普通、ホールド微妙。」

ステフォン・マーブリーやベン・ウォレスのStarbury、スティーブン・ジャクソンやアル・ハリントンのProtege

などありましたが、この靴についても結局 ”履いてる選手が凄くてシューズが凄いわけでは無い” なーと

こんな感想でいいのかわかりませんが、正直普通です

ebayでは200ドル以上もの値がついてますが、有り得ないですね

「Li-Ning、昨季300億円の赤字」なんて話もあるようなので

色々と頑張って欲しいものです(棒読み)


まあ厳しい事ばかり書きましたが、シリアスプレイヤー向けでは無いと思います

スニーカーフリークがネタ程度に買うくらいで丁度よいのかなーと

ちなみにレビューの得点についてですが

 70点台…普通   80点台前半…そこそこ良い   80点台後半…けっこう良い
 90点台前半…かなり良い   90点台後半…凄すぎワロタwwww

という評価なので、今回は悪くもなく、普通となりました。

レビューの本数が増えてくると、若干基準もおかしくなってきて総得点が変だろという物も出てきます

今後も随時得点は変わってくるのでご了承を、宜しければ過去の記事も見てやって下さい









Performance Review 195896925657111335
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…