Loading...

Jordan Fly Wade Series Performance Review - SZOK



ドウェイン・ウェイド シグネチャーモデル 第1・2作目となる "Jordan Fly Wade 1・2・2 EV" をレビュー

「ドウェイン・ウェイドがついにエアジョーダンを履く?」

という事で大騒ぎになって早3年、既にリーニンへと移籍してしまいましたが…

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
所有者の身体、足の形状や運動能力等により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します

(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい)



ッションの違い

まずFly Wade 1(以下FW1)のクッション、フルレングスのファイロンミッドソールにフォアがズームエア、リアがマックスエアで贅沢な仕様

但し、その配置が悪いのかエア窓の形のせいなのか乗り心地が非常に不安定

これを「クッションが良い」と捉えられますが。逆に私はクッションが効き過ぎて足裏が疲れてしまいました…

なんとも言い難い乗り心地です



FW2の方はクッションが変更し、フルレングスルナロンへ

前作に比べ衝撃吸収性は低くなり、反して接地感は向上

また、底からサイドまで伸びる大き目のTPUパーツにより底周りの安定感は非常に良くなりました



なみにFW2より2EVの方が柔らかくクッションの良いインソールが使われています

しっかりと貼り付けてあり剥がして撮影するのは断念

アップデートモデルとなる2EV、やはり改善すべき点を直しているんですねー

FW2は走りやすいのですが、今度はこっちはこっちで疲れやすくも感じたり…

個人的にFW1はクッションが厚く、FW2は薄く、2EVはその間に来るような丁度良い調整かと




ストの違い

FW1は爪先が細く、それでいて丸みを帯びています

またパターン上のミスなのか、フライワイヤーアッパーのシワの付き方が悪く屈曲部が当たりフィッティングに関しては低評価に





作と比べFW2の爪先は広く、薄く、平たいフォルムになりました

フィット性は向上し、前作同様ヒール内部にあるパッドもしっかりと足首の後ろを抑えてくれます





イジングとしては、足幅が広めの方はFW2がお勧め。逆にもっと固定感が欲しい方はFW1ですね

カットが若干FW1の方が高く、シューレースホールの数もFW2より一つ多いので




いう事で両者の大きな違いは二つ。クッションとフィッティングになります

クッション欲しくて、サポート性もあるのがいいならFly Wade 1

接地感優先で、もっと走りやすいのがいいならFly Wade 2

そんな感じで選べば良いかと(個人的にはFW2 EVです)

またFW2と2EVの大きな違いとしては

FW2にあった通気性は2EVで失われてしまいます…アッパーの通気孔はほぼ無いので…



- まとめ -

ジョーダンブランドとしては、カーメロ・アンソニー、クリス・ポール、ドウェイン・ウェイドと3本柱にして、それぞれに機能性を当てはめた訳ですが

そうやって無理くりカテゴリーに入れようとして、ウェイドシグは上手く行かなかったのかなと


明らかに微妙ですからね、デザイン。

売り上げ悪かったのは決してウェイドのせいでは無いのでは…

バッシュとしての機能は履き易くて良い方ですので、確実にマーケティング、売り出し方の問題かと

また意外にもウェイドの心変わりの淡白さに驚きました。個人的には別にシグ履かないでも年式モデルを履き続けて欲しかったです

学生時代はナイキを履き、プロ後はコンバース、そして憧れのジョーダンとシューズ契約と本人は最高だったでしょう

実際AJ2010やAJ1 Alpha、AJ16.5も相当似合っていました、自分もなんだかんだウェイドが履いてきたモデルは全て買っていたので

それにWay of WadeのカラーリングでBredやセメントを見てしまうと、何だか切ない気持ちになります。意外と未練あるんじゃねって…

そういう事で、Jordan Brandから離れた以上これらのシューズが市場から消えていく事は間違い無いワケですので、是非一度履いてみては如何でしょう









Performance Review 1173738783876887991
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…