Loading...

SZOK Performance Shoes of Year - 2013



今年最後の更新は2013年の ”履いて良かったバッシュ” を選ぼうかと

レビュー数自体が少ない為、無理矢理トップ10を選んでも仕方無いのでノミネートは5足、栄えある一位は…?





ポデュロンの感触、素晴らしいフィッティングのアッパー、ガツガツと走り回れるアウトソール、非常に動きやすい一足

5位でにCP3.VIという時点でこの一年のレベルの高さが伺えるかと、本当に履きやすかった…




Crazy Lightに続き ”Crazy” の名を冠するモデル

「イカれた俊敏性」と言うだけあり、非常に動きやすいモデル

クッショニングを求める方にはCP3.VIの方が良いと思われるので順位は上下するかと思われるが、個人的にはこちらを4位に挙げたい




またしてもAdidasからRose4.0、Rose4.5もこの位置かな

Puremotionの軟らかさはCrazy Quickとは微妙に異なるが、履き心地の良さとしてはこちらの方が一段上かと

但しソールの各ポイントがもう少し硬めの方が良い人にはCrazy Quickが良いかと、逆にRose4.0の方は足首・踵周りのホールド感が上

今シーズンのアディダスモデルは "Real Deal" の復刻含めどれも良かった印象




新しい試みがふんだんに盛り込まれた一足

EM (Engineered Mesh) のアッパー、最薄部で1mmにもなるラバーのアウトソール、とてつもなく軽量で恐ろしい程の足への一体感

前作 "Zoom Kobe VII (7) Elite" では「?」となりましたが、無事4・5・6の系統に戻ってきた感じ

ただ上記のモデルに比べると耐久性には難有りなので注意が必要




今シーズンの栄えある1位は "Lebron 10" !

安定感で言うと極限の薄さを誇るKobe 8に分があるものの

このクッショニングシステム、そしてフューズ+ダイナミックフライワイヤーのロックダウンはどのバッシュより頭一つ抜けた存在だったかと

底の高さやビジブルフルレングスズームエアの左右への不安定さへの好き嫌いは個人差があり、万人向けかと言われたら上記のモデルの方が汎用性はあるかと思われますが

それでもこの極端なパフォーマンスは一度履くべきかと、シンプルに履いていて面白いバッシュでした



- まとめ -

こうして見るとトラクションのパフォーマンスが高いモデルが目立つ一年だったかと

2位~5位まで動きやすさに特化したバッシュばかりで、一応順位はつけたもののどれも甲乙つけがたい印象

それでもLebron10は二足買いならぬ複数色買いしたモデルで、勿論Elite版も購入、個人的にかなりハマった一足でした

来年はどんなバッシュが見られるのでしょうか、非常に楽しみです

そして本年も見て頂きありがとうございました、更新ペースは遅いながらも引き続きやっていきたいので気長に待って頂ければ幸いです

また来年も何卒宜しくお願い致します




PSOY 2565788685461314452
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…