Loading...

Adidas Rose 4.0 Performance Review - SZOK



デリック・ローズ シグネチャーモデル 第4作目となる "Adidas Rose 4.0" をレビュー


0.5シリーズを含めたら7作目となるモデル、前作と大きく変わらない見た目ですが、その履き心地はかなりの変化が…

また ”Crazy Quick” もレビューしましたので、そちらと比べながら見て頂ければ違いが分かるかと

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
使用環境や所有者の身体能力、足の形状により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します


(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい




今回のデザイン、大きく目を引くのがトップから真下に続く一本線

これはローズ自身の二面性を表しているそうで

本人が言うように ”コートの上では親でさえも殺しかねない程だ” という程の試合中の感情と、オフコートでの優しい雰囲気をカラーリングの変化で表しているそうです(このカラーは真っ黒ですが…)




一本線の前側、アッパーは前作同様人工皮革にスプリントウェブを挟んでいます

前作の不満点だった爪先のステッチも無くなりフィッティングは向上

また前足部の幅は前作同様なので、サイジングは狭めで考えた方が良いかもしれません




一本線の後ろ側、全てジオフィット素材で、非常に非常にフィッティングが良いです。これにはとても驚きました

程良く伸縮し、足首周りにしっかりとフィットします。またスプリントフレームもあり、踵周りもホールド感もかなりグッド



(前後切り替えは履き心地も変わります)




ローズモデルはヒールカウンターが他社よりも小さめに感じるのですが、これらのお陰で踵の抜け感は無く

ここ最近のシューズの中でも足首周りのフィット感は随一の出来だと思います




”Rose 3.0" のレビューにて「屈曲性は硬め、縦方向への走りやすさは素晴らしいが、横方向への安定感は低い」と評しましたが、今回は全然違います

前後左右、非常にスムーズに動けます。変な詰まりも無く、ソールが変わった事でこんなにも履き心地が違うとは…




ソールシステムはCrazy Quickと同じピュアモーションですが、Rose4は内側のみ配置されています。外側とヒール部分は前作と同様

またQuickと比べると少々ソールが薄くて柔らかいので、より接地感は高いかと

ただし一つ一つのブロックにかかる負荷に負けているのか、若干外側のソールが弱いかなとも感じます。たまにターン時にずるずると滑る感覚がありました



(外側はフラット、内側は骨のよう。)



- まとめ -

”より速いターンや激しいステップを意識するのなら、Crazy Quick”

よりコートの感覚を得たい、Crazy Quickが狭いなと感じるならRose 4.0を選択すると良いかもしれません

個人的には足幅が合い、柔らかい履き心地なのでRose 4が好みです

Quickは硬めの感触ですが、左右の動きにこれでもかと言う程ガツンと応答しますのでこちらも悪くないです

デザインを否定する事は簡単ですし、別に否定しても良いのですが

履かずして文句をつけるのは嫌いなので、実際に着用してみましたが全くもって良い意味で裏切られました

手に入れるまで「別にデザイン変わってねーじゃん、ちぇっ。」なんて言ってゴメンなさい

Rose 3.0やCrazy Light 2の悪かった部分はしっかりと改善されていました、履かなきゃ分からないものです

という事で、先日リークされた ”Rose 5.0” に対しても既にイチャモンをつけていますが、こちらも良い意味で裏切ってくれるのを期待しています



(この左右への安定感たるや…)






Performance Review 3128228746798713998
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…