Loading...

Nike Lebron XIV (14) EP Performance Impression



簡単な感想 (1st Impression) のエントリー

投稿した時には時既に遅し、旬を逃している時が多いのですが、実はネタはあるにはあり、色々と履いてはあるにはあります

毎回 ”しっかり履いてちゃんと記事書いて” とやっているので常に流行りに乗り遅れた更新になるので、先にまずはレビューの前にインプレを…

ここで余り書き過ぎてしまうと本編が薄っぺらになってしまうので短めに、主にサイジングについてと他に印象に残った点を幾つか

所有者の身体や足の形状、運動能力等により履き心地という点は個人差があり、あくまでも短い期間に履いた感想として参考程度でお願い致します



「幅広の柔軟なダイナミックミッドフットストラップ、足中央部から踵まで自由自在に伸縮」

「軽量で優れたサポート力を実現し、どんなスピードでもあらゆる動きに対応」

との商品説明ですが伸縮は全くしない、というかむしろ伸び縮みしたら困るのでは…

また、締め上げるような固定感は無いが、今作におけるストラップは履き心地を大きく左右する ”生命線” かと




「Zoom Air (ズームエア) クッショニングが弾むような履き心地を提供」

"Lebron XIII (13) Elite" の計6つ (前5・踵1) のエアバッグから数は減ったが、エア自体の量は増えたそうで

踵・中央部・親指付け根・小指付け根の4箇所に搭載された、レブロンシリーズの中でも最大容量のエアバッグ

但し、前作のような突起の目立つアウトソール形状から平坦な形状になったからなのか、ピンポイントでの驚くようなクッション性能は感じず…

また、中央部にあるエアバッグが良い効果を果たしているかと、この位置にあるお陰で安定感は非常に良い




「ソックスのようなフィット感を生むフルレングスのインナースリーブ」

"KD 9" 同様履くのは少々大変、だが履いてしまえば中は全体的に余裕のある感覚、そして脱ぐのも大変

足入れは更に難しくなるが、ハーフダウン (-0.5cm) も前向きに検討しても良いかと

もしくはインソールの追加・交換か、ソックスを重ねるか、どちらにしてもEPラストという事も踏まえて中は想像以上に広めの作りなので注意



「ヒールパッドが足をクッションで包みながらしっかり固定」

ストラップで固定しても踵の抜け感は若干感じる、正直余り良いとは言えないホールド性能…

また今作のアッパー周り、フィッティングと剛性に関しては "Lebron 11・12・13" のポジットアッパーシリーズとは全く異なるので注意

前作までのシリーズがお気に入りだった人に合うか合わないかは非常に難しいところ、同じイメージで履くのは違うと思うので買う際には気をつけて…





「シューレースと一体化した超軽量で耐久性に優れたケーブルは、軽くて快適、より安定感のある履き心地を実現」

「伸縮性のある裏地・通気孔付きフォーム・薄型のメッシュ素材の3層から成る軽量レイヤーで、優れた通気性、柔軟性、サポート力を実現」

メッシュを多用した袋状のアッパーに、シューレースホールはサイドから伸びるフライワイヤーが役割を果たしている構成

今までの クソみたいに 手こずる紐の締め辛さは解消されたが、逆にシューレース周りの効果はいまいち

このシューレースホールのロックダウンは物足りない、それと紐は太めで解けやすい…




という事で、現時点でのImpression (印象) となります

繰り返しますがあくまでも ”現時点” での感想なので、もう暫く履いて結論を出したいところ、使っていく内に評価が変わっていくかもしれませんので…


それでも ”前作のレブロンシリーズ (12・13) とは大きく違う”  というのは明確なポイント

今作はシリーズ屈指の売り上げのようですが、これは賛否が分かれそうな履き心地ではないでしょうか




Performance Impression 554726589824319085
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…