Loading...

Jordan Super Fly 4 Performance Review


ブレイク・グリフィン シグネチャーモデル 第4作目となる "Jordan Super. Fly 4" をレビュー

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
使用環境や所有者の身体能力、足の形状により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します


(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい





デザインは前作とは打って変わってシンプルに、アッパーはフューズとメッシュのコンビ

踝 (くるぶし) は内側は丸い繰り抜き、外側は十字の切り込みで、足首周りのフィット感は良好

Flight Web (フライトウェブ) は片側8つあるシューレースホール、下から4番目の ”1つ” しかありません…

もう2~3本増えてもいいのでは? と思いますがそれでもホールド感は悪くは無く、充分かと



(中央のシューレースが内側に隠れている部分がFlight Web)




前後に分割した "Air Jordan XX8" のような下駄ソール、Flight Speed (フライトスピード) を搭載

このブリッジ部分がしなりやすく、前方へのソールの屈曲性は良いが、対して横方向への軟らかさは少々不安定

しかしこれは人によっては良いソール感覚とも取れるので、兎に角 ”屈曲性の良いバッシュ” を求める場合、シューズ選びの候補に入れても良いかもしれません




前後左右へのフレキシブルなツーリングは、未だにケンバ・ウォーカーが着用し続けているのが何となく理解できるかも

彼の縦横無尽にコートを切り抜けていく動きには適しているのかもしれませんが、グリフィンのような選手には合っているのか…少々疑問

ハッキリと言えるのは「今までのスーパーフライシリーズとは明らかに違う」という事




トゥボックスが狭く、この位置の幅を紐で調整できないのは非常に辛い

また、アッパーのフューズ素材の硬さもあり爪先のウィズは狭め、足幅が広めの方は要注意

ラスト自体が結構細身なので全体的にタイトな感触で、シューズ内部がOrtholite®ソックライナーの仕様なのもキツく感じる要因でしょう




サイジングとしてはハーフアップを検討しても良いかと、なかなかの狭さです

もしくは、恐らくフューズ版よりも軟らかい素材である "Jordan Super. Fly 4 Jaquard" を選択するのもアリかもしれません




アウトソールはヘリンボーンパターン、このカラーはXDRソールとなりますがトラクションは非常に良く好印象

クッションはファイロンミッドソールと前足部にズームエア、衝撃吸収性は特段高いわけでも無く、物足りないわけでも無く




ただ、やはりグリフィンのようなサイズとパワーとプレースタイルの選手には向いているのかなと…

まあ時折ガードプレイヤーのようなハンドリングと動きを見せるので、彼も動きやすさを求めているのかもしれませんが…



- まとめ -
"Kemba Walker"

上下左右、前後縦横斜め、あらゆる方向に動きたい人に最適な一足

ブリッジを基点としてフレキシブルにしなるツーリング全体が接地感を非常に高めており、前足部のレスポンスはとても軽快

ケンバ・ウォーカーのプレーこそが ”履き心地” を最も表現しており、わかりやすいでしょう

文字での説明より動画を見た感想、それこそがこのバッシュそのままの履き心地ではないかと…

グリフィンには悪いですが、このモデルはまさしく "Kemba Walker" なのです

但しサイジングには注意、もしEPラスト仕様で多くのチームカラー展開があったら国内でももう少しは売れたのではないでしょうか…


(2:30からのプレーが必見です)


(今年も履いています)




Performance Review 1649439640186223674
ホーム item

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter