Loading...

Nike Zoom Run The One Performance Review - SZOK



ジェームス・ハーデン セミシグネチャーモデルとなる "Zoom Run The One" をレビュー

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます
使用環境や所有者の身体能力、足の形状により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します


(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい




今作はシュータンと一体になったアッパーで ”Hyper Rev 2015” に似たブーティタイプ

フィット感がありそうに見えて、そこまで無く、幅もそこまで狭く感じませんでした

EPラストのモデルもあるので、サイジングはハーフ下げてもいいかもしれません

サイジングを間違えるとスカスカになる恐れが…




2014-2015 NBA finalにてファイナルMVPのアンドレ・イグダラが裸足のまま3Pを決めたのが印象的でしたが「このシューズなら脱げてもおかしくないな」と変に納得




アッパーはメッシュとフューズ素材の組み合わせ、このフューズ部分のエッジが切りっ放しなのでシューレースにとても引っかかる…

シューレースがボロボロに毛羽立つのは ”ランザワンあるある” かと思います

このシュータントップのループにはシューレースを通さない方がいいかと…




シューレースホールの下から2番目まではフライワイヤー、それより上はサイドループとなっていて非常に締めやすい

"Lebron XII (12)" などこういったシュータンとアッパーが一体化している構造のシューズはフィッティングがいまいちなのですが

このモデルに関してはそこまで悪くなく、そもそもレブロン12がいまいちだっただけか…




アウトソールは ”Zoom Crusader” と同じパターンで、良い評判は聞いてませんでしたが変わらず ”並” のグリップ力かと

然程大して良くはありません、悪くもありません、平均的




クッショニング、ズームエアは前足部のみでした

L7さんのところで解体画像を確認しましたがクルセイダーは前後ズームでしたがランザワンは前のみに

同じツーリングなので同じセットアップかと勘違い…

”Hyperrev 2015” や ”Hyperchase” などに比べると少し厚めの接地感



(勿体無いので中敷きは変えています…)

足首周りのライニングのパディングが薄く、外付けヒールカウンターも無い為、踵の掴みは緩く不安定な感覚

”Hyperrev 2015” の方が足入れは窮屈でしたがその分フィット感にも差が…

履き口の広さと踵の抜け感が相まり安定感は宜しく無いかと

特に横方向のストップ時に踵がブレるので足首に若干負担を感じました




このバスケットシューズ、一つの ”靴” としての作りが興味深くて買ってしまいました

パターンが他と比べると違いますよね、特殊な構造で面白いです

”普通じゃない” …それだけでも手に入れる価値があるかと



- まとめ -

99.99ドルのシューズとみたら値段相応というのか、99.99ドルらしい履き心地だったというのか…

いや、この価格帯のシューズとしてはナイキは他社に負けているかもしれません

私程度でしたら ”ちょうどいいローカットバッシュ” といった感じなのですが

シリアスプレイヤーになればなるほど合わない気がします

それほど ”踵のブレ” が気になりますね、サイジング次第ですが

これなら同じ価格の ”Anatomix Spawn Low” の方がシューズとしてのパフォーマンスは高いでしょう…

それでも総じて動きやすさは良く、この値段なら許容範囲かもしれません

しかし「99.99ドルで手に入らない」というのが問題ですね…有名選手が履いているモデルくらいは国内正規で売って欲しいものです…



- feet you wear ならぬ feet you beard? -

さて、先日ジェームス・ハーデンとアディダスとのシューズ契約の噂が上がりましたね

ハーデン本人がどういったシューズを求めているかはわかりませんが、別のシューズブランドと契約して、より本人の意向を取り入れたシューズが出てくれるのでしたらそれはそれで楽しみです


元チームメイトで仲良しのケビン・デュラントは自身のシグネチャーであるKDシリーズ、ラッセル・ウエストブルックはジョーダンのナンバリングタイトルの広告塔

となれば「99.99ドルの靴はいてる場合じゃねえ」ってなる気持ちにもなるかもしれませんね…

アディダスに行くのか、ナイキのままか




個人的には昨夏 ”KD獲り” に敗れたアンダーアーマーが契約してくれたらなと…

デュラントに ”10年 2億6500万ドル〜2億8500万ドル” を提示したUAなら、ハーデンに ”13年 2億ドル” も充分に可能ですし

リーグMVPのステフィン・カリーとNBAP (選手間投票の最優秀選手) のMVPのハーデンの二枚看板なんてこれ以上ない宣伝になると思いますが

ハーデンさん、どうでしょうか?







Performance Review 3470408205224880020
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…