Loading...

Nike Zoom KD XI (11) EP Performance Review



ケビン・デュラント シグネチャーモデル 第11作目となる "Nike Zoom KD XI (11) EP" をレビュー

印象に残った感想を幾つかと、10の項目で機能を考察し配点をしていきます

使用環境や所有者の身体能力、足の形状により履き心地という点は個人差があるので、あくまでも参考程度でお願い致します

(配点項目と基準については ”テンプレートについて” を一読下さい

画像は公式サイトから引用させて頂きます、ちゃんと写真の用意が出来次第差し替えるので、じゃないと永久 (とわ) に投稿できないから…




今回はマルチカラーのニットとカロライナブルーの差し色が綺麗な一足を選択

あとデザイナーはLeo Chang (レオ・チャン)

あとは他に特に書くことが無い、事前にまとめがあるのでストーリーについては上のリンクからどうぞ




アッパーはFlyknit (フライニット) を全面に採用し、爪先やアウトサイドなど負担が掛かる箇所には補強としてフューズ (熱圧着) 加工が施されている

"Nike KD X (10)" からは考えられないほど履き口は狭くなり、靴下を履くように入り口を広げて足を滑り込ませる形に




これは新作が出る度に言っており「お前毎回言ってんな」といった感じだが、まるで ”靴下みたいな” フィッティングですわ…

なので足入れは相当キツい、踵のプルタブは飾りではなく非常に重宝する事がわかった

コレが無かったら絶対に履けない、あとプルタブが脚裏に当たって痛いって話も聞くのでソックスの丈に注意すると良いかも




アウトソールはミッドソールを包む形で、全体はサークル状のソールパターン

クリアラバーのトラクションは非常に良い、しっかりとフロアをグリップして滑る事は無かった

そして案の定予期していた問題が起きた、ソールのグリップの良さに対してアッパーの剛性のバランスが合わない




ソール自体は非常に良く止まるのだが、シューズ内では足が僅かに滑り動きについてこない

履いていて ”ソールの上に乗っている” といった感覚が強い

横方向へのストップ時など、負荷が掛かった際に厚底のソールから足が ”こぼれ落ちる” 感覚は時に不安を感じる程




"React + Full Length Zoom Air"

クッショニングシステムはリアクトフォームにフルレングスズームエアのスタックミッドソールという非常に豪華な仕様で

履いた瞬間に感動を覚える…程の感触は無いが

それでも全く悪いわけではない、足裏をこんもりと持ち上げられる独特な感触が特徴的




グニュリと沈み込み衝撃が緩和される感触はクッション性を第一にシューズ選びをしているプレイヤーには是非とも履いてみて欲しい

"Nike KD IX (9)" とはまた違ったクッション性を体感できるところで

ソールユニットがカップ式で全面がソールに包まれているのと、ビジブルで側面に抜けが有るのでは多少感触にも違いはあるかと





サイジングはEP表記ながら前作 "KD9・10" と比べると ”やや細め”

一応普段のマイサイズとハーフダウン (-0.5cm) したサイズを用意したが、自分の足型には合わずハーフ下を履くのは厳しかった

細い足の持ち主でしたら恐らくピッタリくるかもしれないが、あくまでも ”縦に長く横に細い” ラストなので注意

もしEPだからと敢えて小さ目を買おうと思っているようでしたら痛い目に遭うかも

兎に角KDモデルは本当にサイジングが難しいので出来る事なら試着を推奨、慎重なサイズ選びが必要かと



- まとめ -

「デュラントの靴」

KDが求めてたバッシュ、その理想が我々一般人に合うのか試されているような一足

彼の要望通り "Flyknit Trainer" や "Sock Racer" がKD11のコンセプトとなっておりアッパーは非常に軟らかい

その為に強度の面では不安定でもあり、ソールは止まるがアッパーが止まらず

左右の動作への負荷に耐えられずに足がソールから ”こぼれ落ちる” 感触は履く人を選ぶかもしれない

長所は裏を返せば短所とも取れるかもしれないので、そこは捉え方次第なので評価が難しいところだが…




但し、デュラントの ”よくバッシュが脱げる” というプレースタイルからもわかるように、本人的にもロックダウンは二の次で、再優先事項はまずフィット感なのでしょう

なのでこのバッシュを ”剛性が低い” とは思わず、そもそも ”そういうバッシュ” なんだと受け入れましょう

それをシグネチャープレイヤーのケビン・デュラントさん本人がバッシュに求めたわけで、そこを我々がどう思おうと仕方のない事なので…




個人的には履いていて「怖い」という感情が脳裏をよぎるので常に注意して履いており

恐らく別のインソールを差し替えて底周りを安定させた方が良いでしょう、兎に角不安で仕方なかった…

もちろんフィット・クッションは折り紙付きなので、まずは一発試して欲しいところ

また左右への切り返しよりも、走り出しやジャンプの繰り返しなどシンプルな動作に対しては非常に素直に反応するので、この点においてはプレースタイルの合う・合わないがあるでしょう

今作、一見コンフォートのように思わせておいて意外と履くプレイヤーを選ぶピーキーな一面を持っているかと

良くも悪くもKDの ”理想” が今まで以上に具現化されていると感じた一足

これぞまさしく ”デュラントの靴” といったところかと




PSL 1402617886290198967
ホーム item

Contact us

名前

メール *

メッセージ *

Twitter

@Size_Okay

リンク切れURL・画像があるので見つけた場合ご連絡下さい…